支援機構の概要

私どもは北九州の地に相応しい快適なマンション生活の実現をめざし、皆様に有益な貢献ができる会として成長していけることを方針としています。


代表理事メッセージ

マンションという居住形態が日本に定着して久しく、すでに550万戸以上のストックを抱えるほど普及して参りました。
現在、多くのマンションが抱える問題として「高齢化社会にともなう管理不全問題」「役員のなり手不足の問題」等を始め、世間を騒がせている「マンション傾斜問題」など建築施工に伴う問題等マンションをとりまく環境は複雑多岐にわたっている現状です。

しかし、マンションは決して「万能の器」ではありません。そこで、日常生活から生まれる小さな問題の解決から、10年、20年先を見据えた建物の長期修繕計画の立案と幅広いテーマを"自治"していく力を求められます。そして、その"自治"には法律的解釈、建築物や設備の専門的知識、行政や地域との連携などマンションの住民だけでは解決できないテーマが時として発生します。


「北九州マンション管理支援機構」は、マンション管理士がその専門的知識と経験を基に、北九州市の"住環境"を良好にすると共に、これからの快適なマンション生活のために必要な"自治"をサポートしていこうとの熱い思いで立ち上げた一般社団法人です。


北九州の地で皆様に有益な貢献ができる会として成長していける様に頑張って参る所存です。

平成27年11月吉日

北九州マンション管理支援機構

代表理事 隅河内一美

 


会の沿革

2011年
一般社団法人 北九州マンション管理支援機構 設立
2015年
北九州市小倉北区馬借へ事務所 移転