業務一覧

大規模修繕工事に係わる合意形成・コンサルティング事業」

pic_d020

多額の費用を必要とする大規模修繕工事では、施工業者の決定にいたるまでのプロセスに透明性・公開性が何より必要とされます。また、工事業者や発注金額については総会での承認を得なければなりません。さらに、実際に工事が開始されれば、居住者へのキメ細かな心配りが必要です。これらをも専門的知識でコーディネートします。

 

「長期修繕計画の立案に付帯する事業」

aj100_in013

マンションは竣工した時から劣化が始まります。20年後、30年後を見据えて長期の修繕計画を立案し、修繕積立金額を設定しなければなりません。また、限られた積立金を有効に使用するために、工事の優先順位を設定しなければならず、劣化診断が必要になってきます。これらのことを専門的知識でコーディネートします。

①建物劣化診断 ②長期修繕計画立案 ③修繕積立金の見直し ④その他